水と火のバランスと女性の身体

f:id:ikuji-mama-blogger:20190903231534j:plain

命式や大運での水と火のバランスは、人間の健康面に大きく影響しているといわれます。

人間の健康面と五行は密接に関係しているしそれは四柱推命である程度みることはできるようではあるけれど、健康についてはその人自身の心がけであったり色んな要素が実は絡んでいる。なので、命式や大運だけを見て決められない部分も多いのがほんとのところだと思います。

でも、水と火のバランスが大事と心から実感したのが、自分の妊娠&出産の時期です。

私は「火」がまったくない命式で幼少期から大運で「水」が旺じている時期が長かったんですね。でも、元々の命式に水が不足していたためか「腎・膀胱婦人家系」の「水」の問題が10代終わり頃から出てきて医師にも妊娠は難しいかもといわれていました。でも、なんとか2人の子供を出産することができ、それはどうしてだろうと子供たちが生まれた年の共通点などを調べていました。調べてみて分かったのは、子供2人が生まれた年はどちらも「火」が強く出ている年でした。

命式のつくりから見ると「火」はあまり欲しくない命だとばかり思っていたけれど、妊娠&出産するための身体としては「火」が必要だったということが分かったんです。大運の初旬から水旺で身体が冷え切っていたので、命を育むためには「火」の温かさが必要だったということなのかもしれません。本来「火」はあまり必要でない命式だけれど、健康面でみると「火」は必要だったということ。四柱推命というか、人間というのはきっとこういう矛盾がけっこうあるということを実感します。

運気の流れとしては良くないけど健康面は好調だったり、その逆だったり。精神的には満たされているけれど物質面で苦労していたり、またその逆もあったり。

そう考えると、運が良い時期悪い時期というような基準は実はけっこう曖昧なんだなあと思うんですよね。

人生とはそもそもそういう矛盾を孕んでいるもの、なんでしょうね。

そこがきっと、もやもやするけど味わい深くもあるところなんでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です