「呪術廻戦」~二次創作や考察動画も観てたりする~

アニメ好き高校生の姪っ子にオススメされて「呪術廻戦」を視聴。

人気漫画のアニメ化とあって、一気観しちゃえるほどやっぱり面白いですね。

呪いがうごめくヌルヌルした感じとスタイリッシュな雰囲気の素敵な融合。

漫画がアニメ化されることで、動きや美しい絵や音楽など多くのクリエイターさんたちの技術が加わってさらに進化を遂げるのでしょうね。

漫画でもアニメでも、あるセリフだったり登場人物のふとした表情だったり、そのほんの一瞬にグッと惹き込まれる部分がどんな作品にもあったりします。

その一瞬のキラリがなんだか胸に焼き付いて、自分の人生の一部と重なったり過去に体験した感情とリンクする部分をぼんやりだけど感じ取ったりする面白さが創作物にはあるなあと。

単純に好みのイケメンが出てきて萌えるという楽しみもあるけれど、色んな人物の人生を見たり自分と重ねたりしながら味わうのもまた面白いんですよね。

人がひとつの行動を起こすまでには、必ずその背景がある。

その人がその人であるのは、必ずそこにそうなった原因や理由が存在する。

四柱推命で命式をみる時、その人がその命式であることにもやっぱりそこに因果があり、背負ってきたものや背景に隠れている真実があったりもする。

自分の中にある感覚をフルに使って、全集中でその人のことを分かろうとすること。

まずそこが最初の一歩なのかもしれません。

人間はひとつの枠だけに当てはめることができなくて、眺める角度によっていろんな面があるということも自然なことなのでしょうね。

好奇心が刺激される作品は、自分のあまりにも狭い常識をぶっこわしてくれるし今までみたことのない世界を見せてくれる。

一見相関性がなさそうなことが実は根底の部分で繋がっているということはよくあることで、アニメや漫画が日々の勉強や鑑定にものすごく生かされることもあります。

コロナ禍で身動きどりにくい日々ですが、自分の中の世界を五感を駆使してどんどん広げて行きましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です