「葛藤」と「矛盾」だらけの愛しい存在

言ってることや考え方が一貫していない人は信用されない。

この社会はそういう傾向がたしかにあるかもしれない。

でも、易の思想にもあるように

「この世で唯一変わらないものは、変わらないものはないということ」

なのだろうなあと。

この宇宙のシステムに組み込まれている限り、ずっと変わり続ける。

見た目も心も何もかも変化しながら、常に色んな葛藤矛盾を抱えながら今日も生きている。

好きだけど嫌い。

辞めたいけど辞めたくない。

愛しているのに憎い。

背中合わせのような感情をいっぱい抱えて、今日もすべきことをする。

明日はまた全然違ったことを考えていたりする。

ひとつのことが気になって眠れない夜もある。

こんな変なの自分だけかなとか思って、ちょっと落ち込んだりする。

けれども実はみんなけっこう同じようなことを考えてたりする。

言わないだけなのかもしれない、大人だから。

でもそんな葛藤や矛盾が芸術を生み出すし、色んなものを発展させていくのかもしれない。

自分の中に色んな自分があるのはごく普通のことで、それでも今日を生きている人たちが愛しくもなる。

それでいい、

みんなそんな感じやもんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です